DaBaby

Quavoが新曲「Tender」をリリースし、その曲でアルバム「11:11 deluxe」をリリースしたChris Brownをディスしているのではないかと言われている。

4月11日に、Quavoのシングル「Tender」がリリースされました。そのリリックに注目されています。

『お前は、その女性を傷つけた、彼女は去った。そして彼女はお前を敵視する。彼女に電話しても、彼女は帰ってこない、彼女を殴るな、薬のせいだろ、お前達を排除する必要がる、そうだろ。』とQuavoはフックでラップする。

Quavoは、Chris Brownとの問題の根源に間接的に言及しているようで、それはQuavoがChris Brownの元恋人Karrueche Tranと付き合っていると噂されていることが関係している様です。そしてQuavoは、Chris Brownの女性に対する過去の暴力行為や噂される薬物使用にも触れている様です。

一方、Chris Brownがアルバム収録曲の「Freak」でQuavoをディスしている様です。Quavoの新曲「Tender」は、Chris Brownがアルバム「11:11 deluxe」をドロップ後、24時間以内にリリースされました。このアルバムには、Lil Wayne、Joyner Lucas、Tee Grizzleyをフィーチャーした「Freak」という曲が収録されています。この曲では、BreezyがQuavoに対してディスを仕掛けています。

『OK、今俺の昔の女たちとやったからって、俺とお前を対等にするな。俺はQuavoなんて気にしていない。彼女はMigosじゃなくてCasamigosが好き。』

Gunnaはyoun Thugの進行中のRICO裁判で証言することが確認されていないが、Birdmanは依然として証人リストに残っている。

以前にこの事件で物議を醸した司法取引を受け入れたGunnaは、裁判所が検察側に計画されていた証人の数を削減するよう命じた後、証言するよう求められることはないとのことです。

元々、州から提出された700人以上の指名された証人がいましたが、今では約200人しか裁判に参加する可能性がありません。その中にはBirdmanをはじめYFN LucciやRich Homie Quanの名前がリストされています。

Gunnaの名前は訂正された証人リストから削除され、Lil WayneとYoung Thugの兄弟であるUnfoonkの名前も削除されました。Unfoonkは以前、9年以上の刑を言い渡された経緯があります。

DrakeとJ. Coleの楽曲に対してKendrick LamarがMetro BoominとFutureのコラボレーション作にフューチャリングで参加した「Like That」でのアンサーそして、それにJ. Coleが「7 Minute Drill」でアンサーするも、J. ColeがKendrick Lamarへ公に謝罪して、複雑化してきたこのビーフ。

その後、ファンたちはソーシャルメディアに向かい、J. Coleに対して失望した人もいました。一度出したディスに対しての謝罪は容易には受け入れられ難いものです。さらに、謝罪するには深刻さが足りないと感じられました。それどころか、J. ColeのディスはKendrick Lamarに自身のスキルを証明する機会と見なされました。J. Coleは争いから逃げていると、ファンは少し裏切られたと感じてい人も多くありません。そして、そのような動きを嫌う人の一人は、DJ Akademiksであり、彼はXでの熱弁でこれを非常に明確にしました。実際、Akademiksが明らかにしたように、J. Coleが謝罪する動画をDrakeに送り、DJ AkademiksはDrakeに同じ様なことをしないように懇願しました。

結局のところ、DrakeはAkademiksがそんなことを考えるのを懐疑的に思い、『あんたが、がそんなことを言うなんて信じられないよ、俺を知らないのか?』と、Akademiksに対してDrakeは言ったとされています。

つまり、DrakeはJ. Coleの様に謝罪するつもりはないようです。ただし、彼がディス曲のリリースを控えているかはまだ不明です。

J. Coleが、Kendrick Lamarに対するディスの楽曲「7 Minute Drill」について、公に謝罪しました。これはDreamville Festivalでのパフォーマンス中に行われました。

先週リリースされたこの驚きの内容の楽曲をリリースしたJ. Coleは曲をリリースしたことに対する後悔を表明しました。

J. Coleは日曜日の夜(4月7日)のパフォーマンス中に、観客に対して次のように述べました。『一部を除いて誇りに思っています。その一部とは、俺の人生で最もくだらないことだと感じさせるものなんだ。そしてそれは、多くの人が聞きたいと思わないはずだ。』と述べました。

『心の中で葛藤していた。一つは、自身をわかっているし、周りの人達に対してどう感じているかもわかっている。このHip-Hop界で一緒に戦っていきたいと思っている立ちたいと思っている二人の偉大さを追いかけることができただけでも感謝している。だから俺は葛藤の中にいた。俺は悪意を持っているわけでもない。でも、世界は争いを見たがっている。理解してくれるかはわからないが、世界は血を見たがっていると思う。』

J. ColeはKendrick Lamarを賞賛し、『俺の平穏を妨げるものだった。恥ずべきことだった。だから、今夜ここに立ってきちんと言いたいことは、俺が10年前に自分が間違っていたと感じたことを同じ気持ちを今感じている。正しい進むべき道に戻りたい。今夜ここに言いたい。どれだけの人がKendrick Lamarが最高の奴だと思っている? Dreamville、あなたたちはKendrick Lamarが大好きか?俺もだ!。』と述べました。

J. Coleは、ディス曲をストリーミングサービスから取り下げると述べましたが、執筆時点ではSpotifyとApple Musicでまだ利用可能です。

FutureとMetro Boominが、大ヒット曲「We Don’t Trust You」が収録された同タイトルのアルバムの続編をほのめかし、次作のタイトルが「We Still Don’t Trust You」と名付けられています。

スーパープロデューサーが先週発表した次作のカウントダウンを正式に始めたのは、現地時間の木曜日のことでした。

ビデオティーザーでは、二人が全身白で暗いスタジオに立ち、映像がデジタル的に操作された内容で背景で不気味な音が流れます。

Metro Boominは投稿に、『プロジェクトはまだ終わっていない 4/12/24 @1future』とキャプションを付けました。