TiaCorine

Cardi Bの影響力は絶大なようです。、韓国の袋麺メーカの株価が彼女の賛同を受けて急上昇したとのことです。

5月18日にFortune誌が報じたところによると、三養食品(Samyang Foods Co.)の株価は30%急上昇し、その背景にはカルボナーラブルダック炒め麺の輸出増加があったとのことです。

ことの発端となったのは、Cardi Bと人気の食評論家Keith Leeが、TikTok動画でカルボナーラブルダック炒め麺を食べ、既に人気が高まっていたこの商品の売り上げをさらに後押しした。二人はこの商品に対して最高の評価を与えたわけではなかったが、人気の商品であることを認めた。

Cardiは、5月18日にFortune誌の投稿にコメントしてました『驚き… 無料で商品紹介をするのはやめなきゃ。(笑)』と付け加えた。

昨年リリースした楽曲「君と地球で」が総再生1,000万ストリーミング超えを記録し、多くのリスナーの共感を呼んだ奈良のラッパー=8(エイト)が、約一年ぶりとなる最新EP『22世紀計画』をリリース!収録曲「革命前夜行列車」のMVも同時公開となった。

今作『22世紀計画』は、”8″自身が生きる上で感じてきた苦悩や葛藤、同世代が抱える矛盾や不安、やり場の無い焦りに寄り添いながらも、同じ悩みを抱えるすべての人へ「この時代を共に生きていこうよ」という願いを込めたメッセージを散りばめた全8曲が収録されている。
また作品のプロデュースは”8″の活動を初期からサポートする、兵庫県姫路市在住のプロデューサーユニット”KNOTT”が担当。HipHopをベースにBlues、Altanative Rockなど様々なジャンルをミックスさせたサウンドワークに各楽曲の中で”8″が持つ言葉とメロディの憂いを魅せる作品に仕上がっている。

Sexyy Redは、音楽ではなく別の理由でバイラルになりました。ラッパーである彼女が高校時代に他の女子生徒とケンカしている古いビデオが再びオンラインで浮上しました。

Xのユーザー @__plugtalk__ が、Sexyy Redが高校時代に授業中に他の女子生徒とケンカしている古いビデオを投稿しました。このビデオは最初2023年にソーシャルメディアに登場しましたが、1年後に再び注目を集めました。

セントルイス出身のSexyy Redは背を向けている他の女子生徒に近づき、殴り始めます。教室で2人がケンカを始めると、他の生徒たちは応援しているように見えます。

最終的に教師がケンカを止めようと介入しますが、2人を引き離すことができません。教師が状況をコントロールしようとしている間も、Sexyy Redは相手の生徒の髪をしっかりと握り続け、手を離しません。ビデオが終わる前に、さらに数発の打撃を与えることに成功します。現在26歳となったSexyy Redは、古い高校時代のケンカビデオが本物であることをXで確認しました。

『Det(罰とし居残り)になってた!!!!』と、彼女は古いケンカビデオを含む投稿で書きました。

50 CentはSuntoryホールディングスの関連企業であるSuntory Global Spiritsの行動に嫌気がさしていて、問題を議会まで持ち込むと脅しています。

G-Unitのボスである彼は、Instagramで、会社が元の名前であるBeam SuntoryからSuntory Global Spiritsへと名前を変えたことについて、彼やSire Spiritsに対する不当な扱いを解決せずにいると批判しました。

昨年、50 CentのアルコールブランドであるSire Spiritsは、数百万ドルの未払い請求書を伴う横領計画でBeam Suntoryのエージェントを非難した後、同社と調停に臨みました。

50 Centは3月11日、痛烈なInstagramの投稿でBeam Suntory(Branson Cognacの親会社であり、Sire Spiritsを販売している)への攻撃を再開しました。

そして今回社名をBeam SuntoryからSuntory Global Spiritsに変更した会社に対して再び抗議を行いました。『会社名をBeam SuntoryからSuntory Global Spiritsに変更しても、俺のブランドBranson CognacとLeche Min du Roiに対して行われたことをきちんと正さない限り、問題は解決しないし、名誉もない。』と彼は始めました。『俺は問題を解決しようとしました。一度だけでなく二度も試みた。今では法的手続きが公開され、皆が実際に何が起きたのか、そしてSuntory Global Spiritsが正しいことをせずに、数百万ドルを費やして犯罪行為を隠蔽しようとしたことが明るみになるだろう。」

彼は続けて、『俺は数少ない黒人所有ブランドの一つであることが要因だとは思わないけど、もしかしたらそれが問題なのかもしれない。最終的には消費者がどこにお金を使うかを決めるだろう。もしかしたらワシントンDCに行って連邦議会黒人議員幹部会にもっと詳しく調べてもらう必要があるかもね。どう思う?』

Layzie BoneはKendrick LamarとDrakeのビーフ、ひいてはHip-Hopでのどんなビーフにも興味がありません。

伝説的なBone Thugs-N-HarmonyのメンバーであるLayzie Boneは、The Maikon Showポッドキャストで最近の争いについて語りました。90年代に自身の好きなアーティストたちがビーフでどうなったかを目の当たりにした彼は、異なる方向に進んでほしいと述べました。

『俺は(KendrickとDrakeが争うのは)全然好きじゃないんだ。どちらのファンでもあるから。』とLayzie Boneは話し始めました。『Drakeが大好きだ。彼の言葉の使い方は完璧だと思う。彼の音楽は素晴らしい。Kendrick Lamarも大好きだ。本当に大好きだ。彼らが協力し合う姿が見たいし、対立する姿は見たくない。』

『多くの人が言うように(Hio-Hop)はビーフから生まれたとか、まあ、それはいいとしても、俺はそれがN.W.A.にどういうことををもたらしたかを見てきた。その時代の生き証人としてその物語を体験した子供だった。彼らがビーフに時間を費やしているのを見てきた。』

Layzie Boneは続けました。『また、Eazy-Eがグループを再結成したいと思っていたが、時間を無駄にして結局叶わなかった。彼が亡くなるまでにね。Biggieと2Pacがどうなったのかも見てきた。亀裂を生むだ。俺にとって、ビーフで生まれるものは本当に発展を妨げるものだ。バトルラップは面白いし、面白いことを言って笑わせたり、屈辱を与えたりすることもできるけど。』

『でも、それは… 俺が年を取ったからだからかもしれない。ビーフやバトルラップは俺が聞きたいものじゃない。本当にビーフをするなら、ボクシングやMMAとかやって、終わったらビールでも飲んだ方がいいと思うんだ。』

以下のリンクからインタビュー全編を視聴できます。ドレイクとケンドリックの会話は30分あたりから始まります。