HIPHOP

Erick Sermonは、Metro Boomin、21 Savage、The Weekndの大ヒット曲「Creepin’」から、年間約75万ドル(約1億1千万円)の収入を得ていることを明らかにしました。

Metro Boominの曲は、2004年のMario Winansのヒット曲「I Don’t Wanna Know」をサンプリングしており、更に遡ると曲はEric Sermonプロデュースで自身のグループEPMDの代表曲の「You’re a Customer」を大きくサンプリングしているため、Erick Sermonは著作権料を受け取っています。

出版権を所有しているEric Sermonは、Bootleg Kevとのインタビューで、この2つのトラックからどのようにして出版料を得ているかを説明しました。

Erick Sermonは、『The Weekndは世界で最もストリーミングされているアーティストの1人。そしてその彼とMetro Boominが作った曲は「I Don’t Wanna Know」をサンプリングしていて、そのサンプリングソースは「You’re a Customer」なんだ。』と述べました。『俺はその曲(「You’re a Customer」)の出版権を4%しか所有していない。でも4ヶ月ごとに、それがどれだけの収益をもたらすか当ててみてよ。24万ドル(3千5百万円)なんだ。』とのことで、つまり1年間では72万ドル(約1億1千万円)に相当します。

Erick Sermonは、「Creepin’」と「I Don’t Wanna Know」の両方で作曲家してクレジットされています。「Creepin’」は「You’re a Customer」からのドラムサンプルによるからです。

Erick Sermonは、アーティストが自分の出版権を持ち続けることの重要性について語り、『人はお金が必要なときに出版権を売るけど、幸運なことに俺はそれをしないで生き残ることができた。』と述べました。

Erick Sermonはさらに、『独立してストリーミングしている場合は、(一回の再生が)1ペニー(1円)未満であっても、(メジャーレーベルにいるよりも)より多くのお金を稼ぐことができる可能性がある。これは実際に楽曲をストリーミングプラットフォームに載せて勝負してみるまでわからない。』と付け加えました。

『出版権は自身の人生。もしそれを持ち続けることができるなら、できるだけ多くの曲の出版権を持つべきだ。(郵便で届く明細)は決して止まることはない。そしてその可能性は誰にだってあるんだ。』

Lil YachtyとJames Blakeが、共同プロジェクトに静かに取り組んでいることを明らかにしました。

アトランタのLil Yachty、Instagramで、共同アルバム「Bad Cameo」を発表しました。

インタビュー映像で、Lil Yachtyは、このプロジェクトが自分自身とイギリスのシンガー/プロデューサーであるJames Blakeにとってこれまでとは全く異質なものになることを述べました。二人がチームを組むことによって生まれる化学変化を説明しました。

『確かに、James Blakeはかなりの数のHip-Hopアーティストと仕事をしてきたと思う。でも、このプロジェクトは俺たちの両方にとってかなり異質なものになった。』とLil Yachtyは言いました。

そして、『James Blakeが投稿した1枚の写真※を除いて、彼のフォロワーに俺のファンはそれほど多くないと思う。彼のファンからすれば、俺と彼が一緒に活動していることをことを知らないかもしれない。だから、シンプルにファンからすると「なんだこれは?!」ってなるでしょう?』と続けました。

Lil Yachtyはキャプションで、『これは本物だ.. もうすぐ。』と追加しました。

Lil Yachtyが言及している写真は、James Blakeが2023年3月に投稿したもので、Lil Yachtyがマイクの横に座り、James Blakeがコンピュータの前に座っているスタジオの写真です。

The picture Lil Yachty was referring to is a studio photo that James Blake posted in March 2023, showing Yachty next to a mic and Blake sat on a computer.

Blake also previewed an unreleased track between them in July last year at one of his CMYK events.

トロント出身Drakeは音楽活動から一時的に離れることを明らかにしましたが、その決断を覆す可能性があるようです。

Drakeは、アルバム「For All the Dogs」のリリース後、健康を考えたいと述べ、10月に一時休憩する計画を最初に発表しました。

彼は自身のSiriusXMラジオ番組「Table for One」のエピソードで、『しばらくは音楽を作らないだろうね。まず第一に、健康に焦点を当てる必要がある。それについてはすぐに話すよ。大したことはないけど、みんなに健康でいてほしいんだ。』と述べました。

そして、『何年も胃の問題を抱えているので、一度しっかりと健康に時間を当てなければならないし、正しい状態に戻らなければならない。そうするつもりだ。他にもたくさんのことに焦点を当てたいんだ。』と音楽から離れることを発言しました。

そんなDrakeが、セントルイスのエンタープライズセンターで行われた彼とJ.Coleの「It’s All a Blur: Big As the What? Tour」の一環としてパフォーマンスを行いました。

ショーの中で、Drakeはスタジオに戻り新しい音楽を制作することをほのめかしました。

彼は観客に対して、『一時休憩するとか言ってたけど、俺はもう再びツアーに戻ってるよ。君たちから離れるのは難しいんだよ、本当に愛してるよ。』と語りました。

『わからないけど、音楽活動中止中につまらなくなったら、途中で新しい音楽を作り始めるかもしれない。どうなるかわからないから流れに身を任せてみる。』

また、ドレイクはセントルイスの観客に対してまたすぐに戻ってくることを約束しました。

Kanye WestとDonald Trumpは数年前に一度、関係性が悪くなったにも関わらず、Kanye WestはDonald Trumpを支持していることがわかりました。」

パパラッチが空港でKanye Westに『トランプを支持し続けているか?』と尋ねた際に、即座に答えました。

『もちろん、Trumpしかいないよ。何を言ってるんだ?言わなくてもわかるだろう。』とKanye Westは回答しました。

アッシャーは最近のR&Bの盛り上がりを称賛していますが、このジャンルが終わったという人の考えには嘲笑しています。

R&Bが死んだという話は、近年続いてきた議論の一環であり、2022年にDiddyがこの主張を強く繰り返した際には激しさを増しました。しかし、SZAやCoco Jones、Victoria Monétなどのアーティストたちが近年このジャンルに新たな息吹を吹き込んでおり、Usherはそれを全面的に支持しています。

『過去のアーティストにインスパイアされ、新たにクリエィティブなものを作り上げている、新しい世代のR&Bアーティストたちがいることが非常に嬉しい。』とUsherはBillboardの最近のインタビューで語りました。『R&Bが死んだと、私に言った人達は間違っていると思う。R&Bの起源が他の様々なジャンルの音楽に関係しているし、商業的な部分でも大きく発展すると思っている。』

『Lovers&Friendsは、私たちが作る曲を祝うための場所を提供した大成功したR&Bフェスティバルです。R&Bに関連付けられるもの、ファンが購入できるものが必要です。Hip-Hopのように、サングラス、アパレル、車、宝石、スニーカーなどイメージと関連するもの。そういったものをR&Bでも取り入れていうくと将来的な可能性が広がるはず。』

そしてUsherは『R&Bが終わっているとは絶対に思っていない。単に拡大が必要だと思っている。今は人々がTikTokやInstagramなどのショート動画を見て、ファンがそれを取り上げて何かをするような時代。でも、そこから考え始め、その場で何かを作り出すようなことが変われば、R&Bの世界は変わっていく。古いや新しいといった観点で比較することだけでいけば、何も変わらない。』締めくくりました。