SNEEEZE

NLE Choppaは、フロリダ州ブロワード郡での三つの重罪事件に関して和解取引を行い、メンフィス出身の彼にとって大幅な減刑が成されました。

フロリダの刑務所の記録によれば、NLE Choppaは2018年3に不法侵入、薬物、および武器所持の容疑で逮捕されました。彼はフォートローダーデールのダウンタウンにあるブロワード郡刑務所に収監され、最終的に4,500ドル(50万円強)の保釈金で保釈されました。

NLE Choppaは未占有の構造物への不法侵入、隠された拳銃の所持、20グラム以下の大麻の所持、およびアルプラゾラムと呼ばれるザナックスのジェネリックバージョンの所持の罪で起訴されていました。

そしてその裁判が開かれ法廷文書によれば、NLE Choppa(本名:Bryson Lashun Potts)は、フォートローダーデールの裁判所でBarbara Duffy判事の前で、無罪から無争に変更しました。NLE Choppaは、Kodak Blackも代理している弁護士Bradford Cohenによって代弁し、その結果として1年の保護観察を言い渡されました。

NLE Choppaは国内外の旅行に制限を受けませんが、全ての銃器を没収し、銃器安全訓練コースを受講し、保護観察が終了する前に40時間の地域奉仕活動を行う必要があります。

Suge Knightは、2Pacの最大のヒットの裏にいる隠れたヒーロー達と、そのプロデュースにいくらの資金を提供したかを明らかにしました。

Dave MaysのBreakbeat Mediaを通じて放送されたCollect Call With Suge Knightの新しいエピソードで、元Death Row Recordsのボスは、「California Love」が多くの金を生み出してきたことについて話しました。彼は、その成功の陰で多くを貢献した人々が手厚く報われていないと説明しました。

Suge Knightは、DJ Quikが『California… knows how to party』のフレーズを作ったことやJ-Flexxが曲のラフを提供したことを称賛した後、Dr. Dreと2Pacがそれぞれの役割を果たしたが、何かが足りなかったと感じ、行動を起こしました。Suge KnightがFunkの伝説であるRoger Troutmanに声をかけたのです。

Suge Knight『Rogerがスタジオに入った瞬間、現金で札束を50束(5万ドル・5千万円以上 )を渡したよ。』と彼は振り返り、その当時、伝説のZappは財政的な困難に直面していたと説明しました。『Rogerがその(財政難的な)状況を話してくれた瞬間、さらに札束100束(100万ドル・1億円以上)を渡した。彼がトークボックスをつなぐ前に合計で150札束(150万ドル・約2億円)を渡していた。』

『彼(Roger Troutman)はスタジオに入って、まさに魔法をかけたんだ。彼の魔法が欲しくて俺は彼を呼び寄せたんだ。だからRogerが楽曲に参加して、その後のミュージックビデオに出演してもらうためにさらに20万ドル渡した。2Pacが自身のヴァースを書き、J-FlexxがDreのバースを書いて、Rogerのトークボックスがのっかて出来上がったのが「California Love」なんだ。』と語った。


DaBabyは最近の酒をたくさん飲んだ次の日に酷い二日酔いにあい、一日中はベッドで休養することになったため、アルコールをやめることを決意しました。

先日、DaBabyはInstagramで、12月は彼にとって禁酒月になるという、ファンへ向けてアナウンスを行いました。

DaBabyはビデオで『公式にもう飲まない。もうありえない。完全にだ。もう飲まないって。だからもし俺に会っても、ボトルやショットを出すのはやめてくれ。今から酒を飲むのをやめた。まだめちゃくちゃ調子悪い。とにかく今は最悪。酔っぱらわないべきだ。俺は今後シラフでいるかな。』と語りました。

『もう飲まない。ベッド安静中だ。本当に、Maybachの中で吐いて、車からズボンが半分下がったまま降りたんだ。マジで俺は最悪だ。』

Quavo、TakeOff、のグループMigosは世界中にファンを持っています。先日、日本を訪れた際、HunchoことQuavoはファンが彼の甥である亡くなったTakeoffに敬意を表したビンテージスタイルのTakeOff Tシャツを着ているのを見つけました。

Quavoは喜んでいるファンからTakeOffのシャツを手に入れたくて、『そのシャツ見せてくれ、お前が着ているそれだ。ああ、いいな。これどこで手に入れたんだ?欲しいな、譲ってもらえないか?』とファンに尋ねました。

『ありがとう。代わりに何が欲しいんだ?くれたお礼にお金を渡すよ。』

遠く離れた場所でのMigosのホームタウンであるアトランタからのこのやりとりを、ファンや友達は喜んで見守りました。

コラボレーターのMurda Beatzは『これが本物だよ、笑』と書き、ファンは『彼は着ていたTシャツを、直接Quavoに渡せた日を生涯忘れないだろ!』とコメントしました。

JAY-Zの14枚目のアルバムは制作段階にあるのでしょうか?JAY-Zとブルックリン公共図書館は、彼の各ソロアルバムをハイライトにしたトロフィーケースをオークションにかけています。ファーストアルバムの「Reasonable Doubt」から現時点での2017年にリリースされた最新アルバム「4:44」までの13枚のアルバムです。しかし、そのケースには14番目を入れるスペースが右下あります。これにより、ファンたちは新しいJAY-Zのアルバムが進行中であると信じています。

以前、JAY-Zは再び引退するつもりはないと述べ、まだ音楽を作りたいと考えているが、ただし条件があり、彼の音楽には何かを意味が必要があると感じています。

JAY-Zは『音楽を作りたいと語り、しかし、それは重要な何かでなければならない。』とCBS MorningsのGayle Kingに語りました。

『曲を沢山作りたいわけじゃないんだ。ただ曲を作ることは俺にとって意味を持たない。意味を持った曲を作らなければ自分が満足できないし、アーティストとして成長することができない。だから、自分にとって意味あるものにする必要があるんだ。』