DJ Whitesmith

JAY-Z、Timbaland、そしてGinuwineは、著作権訴訟で敗訴を逃れることに正式に成功しました。Reutersによると、彼らとそれぞれの法的チームは、ソウルミュージシャンErnie Hinesが2019年に提起した訴訟を、マンハッタンの連邦裁判所の判事に却下するよう説得しました。

この訴訟は、被告たちがErnie Hinesの1969年の楽曲「Help Me Put Out The Flame (In My Heart)」を違法に使用したと主張していました。

Ernie Hinesは、自身の楽曲がJAY-Zの「Paper Chase」とGinuwineの「Toe 2 Toe」の楽曲に使用されていると非難しました。両曲は、Timbalandとそれぞれ共同制作された楽曲です。

ニューヨーク南地区連邦地方裁判所のPaul Oetken判事は、「Help Me Put Out The Flame (In My Heart)」の一部を使用しているとされる両曲は著作権を侵害していないと判断し、このケースでのErnie Hinesの作品は保護されないと結論づけ、訴状で言及されている導入部分は利用可能であると述べました。

Paul Oetken判事は、2021年の前例を作った事件(George Clinton 対 UMG Recordings)を引用した。

George Clintonの「Atomic Dog」で使われているフレーズ『Bow wow wow, yippie yo, yippie yea』がUMG RecordingsのアーティストPublic Announcementの「D.O.G. in Me.」が酷似しているところから起きた提訴。

Paul Oetken判事はErnie Hinesの導入部分は『著作権で保護されるには十分に独創的ではない素材のみを追加している。作家やアーティストは、芸術の根幹的な素材や一般的に知的財産権が発生していない状態範囲の創造的な作品、またテンポや個々の音符などの音楽の基本的な構成要素に著作権を主張することはできない。』と述べました。

Usherは、スポーツの最大の日であるスーパーボウルLVIIIのハーフタイムショーのパフォーマーとして名前が発表され、ついに輝く最高の機会を手に入れました!

このニュースは9月24日に明らかになり、ファンからの熱狂的な要望が再燃し、伝説のR&Bシンガーが音楽の偉大なる伝説たちの中でその正当な場所を占めるべきだとの要望が高まっていました。

スーパーボウルは2024年2月11日にネバダ州ラスベガスのアレジアント・スタジアムで行われます。ハーフタイムショーはApple Musicが提供します。Usherは公式発表で『バケットリストにあるスーパーボウルのパフォーマンスへチェックを入れることができるなんて光栄です。みんなが今までに見たことのないショーを世界にお届けできることを楽しみにしてる。この機会を実現させてくれたファンと皆さんに感謝します。すぐにお会いしましょう。』と述べました。

4月には、Usherは生涯で最高のステージの機会を得る可能性について語りました。『(スーパーボウルのハーフタイムショーを)断るなんてバカ以外の何もでもない。』とUsherはインタビューで語りました。『深く望んで、ことがうまく進めば、いつかその瞬間(スーパーボウルのハーフタイムショーでのパフォーマンス)は訪れるだろう。』と彼はほのめかしました。ファンの喜びによれば、計画は既に進行中のようです。

Dr. Dreの息子であるDJ Tyler Youngは、自身の道を切り拓くことを発表し、Hip-Hop以外のジャンルで成功を収めることを目指しています。

TMZによれば、数年前からプロデュースを始めたDJ Tyler Youngは、友人で共同制作者のRMNと共にEDMで自分自身のキャリアを築こうとしており、その道を進むことで父親のルーツに敬意を表しています。父親のDr. Dreも80年代にはWorld Class Wreckin’ CruでエレクトロミュージックのDJとして音楽キャリアをスタートさせています。

日常的にラップやGファンクを鳴らす家庭で育ったにもかかわらず、このDJ Tyler Youngは、家族や友人から多くのサポートを受けていると述べています。

DJ Tyler Youngはスコットランドで、初めてのDJセットを披露しました。将来、父親とのコラボレーションがあるかどうかについては、ファンにお楽しみにと伝えており、現時点ではDr. Dreは静観しているようです。

以下はYoungのトラックの一つです。

Birdmanは、サウスがHip-Hopの食物連鎖のトップに今後も留まると主張しています。

Cash Money Recordsの共同設立者であるBirdmanは最近、85 South Showでの洞察に富んだ会話の中で、1990年代のサウスHip-Hopが当時支配的だった東海岸と西海岸によってきちんと受け入れられるまでの苦労について語りました。

『もしサウス出身だったら、当時時は東海岸と西海岸が最後に俺たち音楽を受け入れる場所だった。』とBirdmanは語りました。『俺達たちは常に彼らと競争していた。彼らは俺達よりもたちよりも優れていると思っていたし、逆に俺達も彼らのが優れていると、当時サウスの人間はそう思っていた。』

そして彼は続けて、『サウスでヒット曲が出ても、東海岸と西海岸でヒットするまでには長い時間がかかっていた。けど、今のように彼らが俺達を受け入れてからは、もう昔のようには戻らないと思う。俺たこれからもこの地位を守っていける。なぜなら、東海岸と西海岸がこれまでずっとHip-Hopの中でずっと重要な位置にいられたように俺達もそうなると思う。』

俺達がサウスで頑張っている時は、本当に全てが挑戦だった。俺達がどんなことをしても、東海岸と西海岸の彼らは俺達の音楽をかけてくれなかった。』

その後、BirdmanはサウスHip-Hopに対してドアを開けたJermaine Dupriに敬意を表しました。

『Jermaine Dupriは、サウスの俺達にとってその壁を打ち破った人なんだ。彼は上に行って、当時俺達の音楽をかけてくれない人達にかけさせてくれたんだ。』と彼は言いました。彼は、ソロの成功に加えて、Da Brat、Kris Kross、その他の90年代のラッパーのキャリアにおいて重要な役割を果たしました。

『俺はJermaine Dupriに多くの尊敬の念を抱いている。彼は俺達のために戦ってくれたんだ。本当に当時はサウスで人気のある曲でも、東海岸と西海岸ではその曲がかかるまで4、5、6ヶ月かかったりしたんだ。』

『しかし、今は全く違う。俺達、サウスの音楽はこのサウスだけでなく、むしろ東海岸や西海岸でヒットしている。サウス愛は以前変わらないが、状況は変化したんだ。』

Snoop Doggは、かつてのDeath Row RecordsのシンガーであるDanny Boyをレーベルに戻すことを思い立ちました。これはDanny Boyのバズを起こしたビデオが起因しています。

Snoop DoggはInstagramにて、45歳のDanny Boyが昔と同じように素晴らしい歌声を披露しているという、They Have The Rangeというアカウントによって投稿された多くのクリップの一つを共有しました。

多年経ってもすべての音符を完璧にこなす彼の姿に感銘を受けて、Snoop Doggはビデオに以下のキャプションを付けました。『@dannyboysteward、Death Rowはあなたの席を用意して待っています。🌎 🎙️ 🎵 🎤 🌏』

以下、R&Bベテランのパフォーマンスをご覧ください。

Danny Boyは、2Pacの「All Eyez on Me」と「The Don Killuminati: The 7 Day Theory」などのアルバムで複数の曲のフックを歌ったことで最も知られています。