JAY Z

EPMDの伝説であるErick Sermonは、HipHopDXとの独占インタビューで、『RedmanとMethod Manは「How High」を気に入っていなかった。』と明かしました。

Erick Sermonは、が語っているのはSilver Conventionの1975年の曲「Fly, Robin, Fly」をサンプリングしたリミックスについてであり、ミュージックビデオにはリミックスバージョンの楽曲が使われています。

Erick Sermonは続けて、『俺はオリジナルバージョンを作った。オリジナルバージョンは自体もハードないいビートだ。でもそれを「Fly, Robin, Fly」をサンプリンしてリミックスバージョンとしてよりポピュラーなものにしたとき、彼らは怒っていました。彼らはビデオの撮影に来て、何か他のものを期待していたのに、このいわゆるコマーシャルなポップレコードを聞いたんだ。』と述べました。

そしてErick Sermonは続けました。『Russell SimmonsとLyor Cohenがそこにいて、なんとかビデオ撮影を実現できるようにしてくれて、最終的に曲はプラチナ認定レコードになったんだ。』

Kanye Westがadidasとの関係についての関係は最悪なようです。同社が彼のデザインを無償で使用していることを明らかにしました。

シカゴ出身のKanye WestはInstagramに投稿し、スポーツウェア界の巨大ブランドとの混乱した関係について話しました。彼はファンに対して、adidasがリリースするのYeezyに着想を得た製品を購入しないように促しています。

Kanye WestはInstagramの動画で、『adidasとの状況を明確に説明するよ。adidasは認可されていない偽のカラーバージョンを提供しているだけでなく、俺に対して2億5000万ドル(370億円)の訴訟を起こしている。そして、俺の名前が付いたこれらの靴に対しても報酬を支払っていません。』と述べました。

さらに、別の投稿で、彼はアディダスのInstagramページにある350 V2のシューズのリストをスクリーンショットし、『Kanyeを愛する人はこれらの偽のイージーを購入しないでくれ。俺はこのカラーのデザインを作ったことはないし、それで報酬も得ていない。さらに、adidasは俺を訴えている。』とキャプションをつけました。

『adidasは契約条項と50年のビジネス経験を利用して、アーティストを蹂躙している。みんなのお気に入りのアーティストの1人を皆さんの目の前で、堂々と。』とも付け加えた。

さらに、Snoop Doggも上記の投稿のコメントセクションに登場し、次のように支持を示しました。『自分の真実を語れ。』

https://www.instagram.com/p/C31AVXzIPG8/?utm_source=ig_web_copy_link&igsh=MzRlODBiNWFlZA==

Kanye Westは、『有名人や一般大衆はTシャツや俺の帽子の色に反対するかもしれない。俺の子供たちが俺から隠されているのを見たり、実際の人生で一人のヒーローが犯罪に巻き込まれるのを見たりしたとき、誰も何も言わないし、何もしない。』と付け加えました。

彼は世の中がどう対応してくるかにつて述べ、『俺のアルバムを再度取り下げるのか?アカウントを再度凍結するのか?俺と仕事をしないよう人々を脅すのか?』と続け、『すべての新しい非承認の350はくだらない。』と結論づけました。

Timbalandが、Kanye WestとTy Dolla $ignの「Vultures 1」の続編が思っているよりも早くやってくるとほのめかしました。

Timbalandは、X上で具体的な続編の内容については明かさなかったものの、大成功を収めたアルバムの続編でさらに多くのプロデュース作業を行うことをほのめかしました。

投稿には、『言ったように、Vulture Vol 2は最作途中。』とあります。

Kanye Westと過去に何度も共同制作してきたTimbalandは、「Vultures 1」で2曲のトラックをプロデュースし、次のプロジェクトにも貢献する予定です。

Playboi CartiがYeのVulturesイベントのために滞在していたイタリアで、彼と外国のファンが交流する様子が動画で公開されました。以下の動画クリップで見ることができます。ファンとカルティは激しい会話をしています。ファンの鼻はカルティの額に触れており、彼らはとても近くにいます。

『音楽をリリースして!お願い!お願い!』とファンが叫びながら、Playboi Cartiの肩を軽く叩いています。

Playboi Cartiは熱心に耳を傾け、その後、他の待ち望んでいるファンにダブをしてから、ビデオが切れます。

Playboi Cartiのファンは、彼の新しいアルバムを心待ちにしています。2023年12月には、そのアルバムが1月にリリースされるという噂がありました。2020年にLP「Whole Lotta Red」を公開後に、5つのシングルをリリースしましたが、待ち望まれるアルバムはまだリリースされていません。昨年11月、Playboi Cartiは新しいアルバムを録音するために3か月間洞窟に滞在したと明らかにしています。

Erick Sermonは、Metro Boomin、21 Savage、The Weekndの大ヒット曲「Creepin’」から、年間約75万ドル(約1億1千万円)の収入を得ていることを明らかにしました。

Metro Boominの曲は、2004年のMario Winansのヒット曲「I Don’t Wanna Know」をサンプリングしており、更に遡ると曲はEric Sermonプロデュースで自身のグループEPMDの代表曲の「You’re a Customer」を大きくサンプリングしているため、Erick Sermonは著作権料を受け取っています。

出版権を所有しているEric Sermonは、Bootleg Kevとのインタビューで、この2つのトラックからどのようにして出版料を得ているかを説明しました。

Erick Sermonは、『The Weekndは世界で最もストリーミングされているアーティストの1人。そしてその彼とMetro Boominが作った曲は「I Don’t Wanna Know」をサンプリングしていて、そのサンプリングソースは「You’re a Customer」なんだ。』と述べました。『俺はその曲(「You’re a Customer」)の出版権を4%しか所有していない。でも4ヶ月ごとに、それがどれだけの収益をもたらすか当ててみてよ。24万ドル(3千5百万円)なんだ。』とのことで、つまり1年間では72万ドル(約1億1千万円)に相当します。

Erick Sermonは、「Creepin’」と「I Don’t Wanna Know」の両方で作曲家してクレジットされています。「Creepin’」は「You’re a Customer」からのドラムサンプルによるからです。

Erick Sermonは、アーティストが自分の出版権を持ち続けることの重要性について語り、『人はお金が必要なときに出版権を売るけど、幸運なことに俺はそれをしないで生き残ることができた。』と述べました。

Erick Sermonはさらに、『独立してストリーミングしている場合は、(一回の再生が)1ペニー(1円)未満であっても、(メジャーレーベルにいるよりも)より多くのお金を稼ぐことができる可能性がある。これは実際に楽曲をストリーミングプラットフォームに載せて勝負してみるまでわからない。』と付け加えました。

『出版権は自身の人生。もしそれを持ち続けることができるなら、できるだけ多くの曲の出版権を持つべきだ。(郵便で届く明細)は決して止まることはない。そしてその可能性は誰にだってあるんだ。』