JIJI

Lupe Fiascoが、Kanye WestとPharrelleとのスーパーグループ、Child Rebel Soldier(CRS)に一捻り加えて復活させようとしています。

シカゴのラップレジェンドLupe Fiascoは、Stereogumのインタビューで、近い将来にCRSを復活させる計画があると明かしましたが、それは主にRadioheadのビートに合わせてラップするソロプロジェクトとしてです。

「次の6ヶ月後、あるいは来年にはCRSを復活させるつもりだ。」と彼は言いました。「Tyler The CreatorはCRSの曲の一つを持っている。でも、オリジナルのエネルギーと同じなんだ。そして俺がRadioheadのビートにラップすることなんだ。」

このサイドプロジェクトの計画について詳しく述べた彼は、こう続けました。「これは奇妙な関係だよ。なぜなら、その曲の権利とかをクリアできないからフリースタイルとして出すのかって考えてしまう。俺はずっとRadioheadのプロデューサー、Nigel Godrichとアルバムを作りたかったけど、彼と一緒に仕事をするのかって話になる。」

「Radioheadと一緒にアルバムを作ることはできないのは分かってる。それは夢のような話だ。でも、Radioheadや彼らのソロ楽曲からかっこいいループやサンプルを見つけて、それをループさせて、小さなビートを作って、素晴らしいリリックでぶち壊すんだ。」

彼はさらに続けました。「フリースタイルとして出すか、ちゃんとしたテープとして出して訴えられて、それでも前に進む。『National Anthem』、『Us Placers』、そして『Animal Pharm』を最初の3つのシングル(過去にリリース済み)として、それにもう5、6曲加えることができるだろう。どうなるか見てみよう。」

Big SeanがOn the Radar Radioに出演した際に、名前こそは明言していないがとははっきりと明言していないがフリースタイルでKanye Westに対して批判的な発言をしたようです。

Aaliyahのクラシックヒット「If Your Girl Only Knew」のビートに乗せて、デトロイト出身のラッパーは、2021年のDrink ChampsのエピソードでKanyeがG.O.O.D. MusicにBig Seanをサインしたのが「最悪の決断だった」と述べたことに言及してフリースタイルを始めました。

I had to switch the home team ’cause they committed treason. / ホームチームを変えなきゃならなかった、奴らが裏切り行為を犯したから。」

N-ggas looking for engagement like they got their knee bent, I got better things to do than to find someone to beef with. / 奴らはプロポーズをするかのように片膝をついて注目を集めようとする。俺は誰かとBeefするよりもやることがある。」

Big Seanはさら続けて「この業界はひどい、お勧めできない。大人の男たちが注目を集めるためにお揃いのタトゥーを入れるのを見た。」

この部分のリリックは、2022年にLil Uzi VertとSteve Lacyと一緒に同じタトゥーを入れたKanyeを明らかに批判しています。3人は全員「We Here Forever Technically」というフレーズを腕に彫りました。

Big SeanはKendrick Lamarとも対立関係にある為、このディスは彼に向けたのもと推測する人もいましたが、DJ HedはXで、Kendrick Lamarがターゲットではなかったことを確認しました。

「Big Seanと話したけど、『俺は誰かとBeefするよりもやることがある。』というヴァースというはKendrick Lamarに向けたものではありませんでした。」と書きました。「このヴァースは別の双子座(Kendrick LamarもKanye Westも二人とも双子座)に向けられたものでした。」

Sexyy RedとChief Keefは、ジョイントアルバムの制作を進めているようだ。

Sexyy Redは、先週末のロンドンのWireless FestivalでViperマガジンのインタビューに応じ、このニュースを共有しました。

「あなたとChief Keefは恋人同士ですか、それとも単なる音楽の友達ですか?」と尋ねられた際、Sexyyは「彼は私の恋人。私たちはすぐにアルバムをドロップする予定。二人でアルバムに向けて準備をしているの。」と答えました。

彼女はまた、既にいくつかの曲をストックしていること述べ、アルバムの全体の雰囲気を「私たちはお金、車、スポーツカー、女の子、服を買うこと、そして髪を整えておくこと(笑)」と表現しました。

最近数ヶ月間、Sexyy RedとChief Keefは緊密な絆を築き、共同で「Damn Shorty」や「Bow Bow Bow (F My Baby Dad)」などのコラボレーションをしています。

N.O.R.Eは、DrakeとKendrick Lamarの近年おHip-Hopの中で最大のビーフが収まった後、どのように展開するかについての予測を共有しました。

ベテランRapperのN.O.R.EはXで、現在の状況とは一致しない大胆な予言をしました。

「Kendrick LamarとDrakeが和解し、最終的に史上最高のHip-Hopの楽曲の1つを作ると予測している!!!」と、Xに書きました。

Snoop Doggは、自身の故郷であるロサンゼルスに新しくオープンした大麻ディスペンサリーで2Pacに敬意を表しました。

このディスペンサリーの名前はS.W.E.D.で、Smoke Weed Every Dayの頭文字を取ったものです。これは、Nate DoggがDr. Dreの「The Next Episode」で最後に歌ったフレーズに由来しています。Snoop Dogg自身も協力して、この完全ライセンス取得のディスペンサリーは週末に開店しました。

限定品のリリースを通じて、Snoop Doggは故友でコラボレーターである2Pacに敬意を表しています。このラインには、ジャーに詰められたプレミアムブレンドの大麻フラワーとAlien OGが含まれており、購入者はさらに2Pacの未公開写真と、その写真撮影から再現されたマッチブックも受け取れます。