young thug

Cam’ronは、 JAY-Zは元ライバルのNasとは同じようにHip-Hopを愛しているわけではないが、Hip-Hopがもたらすお金には感謝していると感じている。

Antonio BrownがJAY-Zがセルアウトしたと指摘した最近のコメントに触発されて、Cam’ronは、自身のスポーツショー It Is What It Is のエピソードで自らの考えを述べた。

今月初め、JAY-ZがTom Bradyのペイトリオッツ殿堂入り式典でパフォーマンスを行った後、Antonio BrownはXで「 JAY-Zは昨年、彼の曲のリリック全てを歌えるようなファンが集まるHip-Hop50周年記念コンサートではパフォーマンスをしなかったけど、彼に興味を持たない金持ちたちの前ではパフォーマンスををするんだな。」と投稿しました。

JAY-Zがパフォーマンスをするショーは非常に厳選されていて、またその出演料も非常に高いことで知られています。

It Is What It Is でこのJAY-Zのパフォーマンスについて議論しているとき、Cam’ronは「俺の個人的な意見だけど、JAY-ZはHip-Hopを愛していないと思う。彼はHip-Hopが好きだと思うけど、お金と自身のブランドを次のレベルに引き上げることの方がもっと好きなんだ。Hip-Hop50周年記念のイベントで行われたことは、おそらく彼にフィットしなかったのかもしれない。」と述べました。

さらに JAY-Zは、Tom Bradyの公演にはNFLとの関係があるかもしれないと述べた。Roc Nationの大物であるJAY-Zが、リーグ内の重要な人物との関係を築いて、将来的に自分自身やHip-Hopのために何か大きなことを目指しているのかもしれないと、その考えを述べた。

Cam’ronはその後、JAY-ZをNasと比較し、「JAY-ZはNasほどHip-Hopを愛していないと思う。NasはHip-Hopを愛している。」と付け加えた。

JAY-Zが2024年のトニー賞でAlicia Keysと再会し、二人のヒット曲「Empire State of Mind」をサプライズで披露しました。

このパフォーマンスは、6月16日の日曜日に行われました。Alicia Keysはまず、彼女の半自伝的なミュージカル「Hell’s Kitchen」のキャストと共に演奏を始めました。このミュージカルは、1990年代のマンハッタンでの彼女の成長過程を描いています。

Alicia Keysは、「Empire State of Mind」のソロバージョンを演奏していたところ、観客の中に入り込み、カメラが突然ラップ界のレジェンドであるJAY-Zに切り替わり、彼が曲の一節を披露しました。

「Empire State of Mind」は最近、ストリーミングで10億回再生を達成し、2009年のシングルはJAY-Zの最も有名な曲の一つとなっています。

Alicia Keysが、JAY-Zとの楽曲「Empire State of Mind」が10億回のストリームを達成したことを祝って、再びコラボレーションが起こることを予告しています。

Alicia KeysはInstagramでJAY-Zと一緒に明るいライトの前に立つ白黒のクリップを共有しました。劇的なオーケストラ音楽が盛り上がる様子が映っています。

Alicia Keysは投稿に、『1つの夢。1つの歌。10億回のストリーミング。ありがとう!愛してるよ。次は… 』とキャプションを付けました。

その後、彼女はXでも、2つのパフォーマンスマイクの写真を共有しました。1つは「J」のイニシャルがあり、もう1つは「AK」とラベル付けされています。

写真にはキャプションがありませんでしたが、テレビ局のCBSとJAY-ZのレーベルであるRoc Nationをタグ付けしており、驚きのテレビ特番が企画されている可能性を示唆しています。

「Empire State of Mind」は、JAY-ZとAlicia Keysによるヒット曲です。この曲は、2009年にリリースされたJAY-Zのアルバム「The Blueprint 3」に収録されています。

YENTOWNのPETZが3年ぶりとなる3rd Album『AIRERA』を6月16日にリリースした。
また収録曲「Hall3lujah feat. YTG」のMVも公開となっている。

『AIRERA』はTrap、Drill、Jersey Club、Amapiano、Drumn’ Bassなど、多彩なヒップホップ・ダンスミュージックのトレンドを取り入れながら、PETZらしいNEO TOKYO的な世界観のサウンドでまとめ上げられたアルバム。結成10年となる今年にクルーとしての動きを活発化させ、その動向に注目が集まるYENTOWNから、先陣を切ってソロ作品のリリースとなる。

Kendrick LamarとDrakeのビーフはカルチャー内で非常に歴史的なものとなり、ある賢い起業家がそのアイデアを活かし、二人のディストラックシリーズ全体をカセットテープにパッケージし、Hop-Hop愛好家向けのコレクターズアイテムとして販売するというアイデアを生み出しました。

カセットはTape Head Cityにて2販売されていましたが現在は売り切れとなっています。

「Certified Lover Boy」アルバムでDrakeは昨年J. Coleをフィーチャーした「First Person Shooter」でKendrick Lamarに対するサブリミナルショットを放ち、Kendrick LamarはMetro Boomin’とFutureの「Like That」のフィーチャーバースで反撃しました。ドレイクの第二の攻撃は「Push Ups(Drop And Gimme 50)」で、それに続いたのがKendrickの「Euphoria」でした。その後、「Family Matters」、「Taylor Made Freestyle」、「Meet The Grahams」が続き、Kendrick Lamarのモンスタースマッシュ「Not Like Us」がビーフを終結させたようでした。

Drakeの「Taylor Made Freestyle」は、2Pacの声を無断で使用したことで2Pacの遺産管理団体から停止命令を受けたため、全プラットフォームから削除されました。

現時点で、両者からの最後の楽曲はDrakeの「The Heart Part 6」です。